何か書き残していきたいから。

COLORS

キャンバスに色を塗っていく

パレットに並ぶのは色とりどりの絵の具

この色は彼から貰ったもの

その色は彼女が教えてくれたもの

あの色はあの子が見せてくれたもの

そして、自分で作り上げた色


使い方を知っている色もあれば

まだ眺めるだけの色もある

そんな数々の色でキャンバスを染めていく


悲しみ、喜び、寂しさ、温かさ

今まで出会った人がくれた色を使って

様々な感情が描き出される

決して他人の色に隠れてしまうのではなく

色が入り混じって出来上がった絵は

紛れも無く、自分自身


今日もまた、果てしない色の輝きを使って

心に浮かんだ形のないモノを

真っ白なキャンバスに描きあげていく。